【栄養学コラム】小学校低学年(6歳児・7歳児)の食事内容について。「おかずの量」の目安はこのようにして確認します。好きだからといってたくさん食べさせると体は迷惑です。

「少食の子は何をしても食べない」「そのうち食べるようになるから成長を待つしかない。」そう言われて、納得できていますか?自分の子どもに対しての具体的方法は試していくこと。成長を見守っていい場合と、すぐに改善した方がいい事、…

» 続きを読む

「三回食になったら、1日に必要な栄養は、全て、食事とおやつから摂ることになる」と言われた言葉に、縛られていたと気付き、ハッとしました。

「3回食になったら、1日に必要な栄養は、全て、食事とおやつから摂ることになる」と言われた言葉に、縛られていたと気付き、ハッとしました。苦しかったなって、気付きました。人生の土台を創る食育革命!栄養士・食育コンサルタントの…

» 続きを読む

水分補給について

水は、栄養素には分類されていませんが、生命維持のために必要不可欠な物質です。人体の構成成分の中で最もっとも多く、成人では体重の約60%、小児は約70%を占めると言われています。 水の必要量はエビデンスに基づいて算定するこ…

» 続きを読む

代謝とは

 私たちは、食べ物からエネルギーや体の構成成分を摂り込むことで、生命を維持することができます。食事を通して、十分な栄養分を毎日補給し続けなければ、体の機能は低下し、心も壊れたり燃え尽き、やがて生きる意欲を失ったりしてしま…

» 続きを読む