分づき米を利用しよう

玄米の機能性を知ったとしても、毎日は食べづらい。 子どもの消化吸収機能がまた未熟だと感じる。 このような場合は、少し糠層を落とした「分づき米」を利用しましょう。 「胚芽」のみが残っているお米を「胚芽米」といいます。胚芽の…

» 続きを読む

玄米を主食にしてみよう

現在の日本では、精製された白米が普通になっていますが、糠(ぬか)になる部分(果皮・胚芽)がそのままの残っている玄米には、ビタミンB1・ビタミンE・鉄・マグネシウム・カルシウム・食物繊維が多く含まれています。毎日食べる主食…

» 続きを読む

日々の食事の軸としたい食材について

一生涯に渡り、食生活の軸としたいのは、基礎調味料に加えて、 「米(玄米・胚芽米・雑穀)」と「まごわやさしい」と言われる食材です。 これらは、健康増進に理想的で、人間が生きていくうえで必要な栄養素であるビタミンやミネラルを…

» 続きを読む

箸の使い方を習得しようの続き

◆ マナー違反とされる箸の使い方 移り箸 おかずばかりへ箸を動かすこと。 一度箸をつけてからやめて、ほかの料理を取ること。 受け箸 箸を持ったまま、おかわりをすること。 および箸 遠くの料理へ無理に箸を伸ばすこと。 おし…

» 続きを読む

箸の使い方を習得しよう

 日本には「箸を使う」という文化があります。人の一生を「箸に始まり、箸に終わる」という言葉であらわされるように、食事を共にする人や食べ物など万物に対しての敬意であり、自分以外へと心を広げた箸使いは、単に食事の道具や文化の…

» 続きを読む