献立塾のご案内

食育革命 献立塾

献立塾とは「食育革命®」をマスターするための6か月講座です。
少食・偏食・献立・料理の悩みを根本から改善していきます。
子どもの「脳・カラダ・心」が健やかに育つ美味しい食事を30分で作れるようになり、
様々な情報にまどわされない「食生活の自分軸」を持てるようになります。

インスタントに頼りたくない。子どもが食べてくれない。できていないことに対して罪悪感を感じる。食べなさい!と怒ってばかり。偏食や少食にどう対応していいか分からない。

「毎日の暮らしに必要な栄養学」についての「学び」と「日々の実践」の効率を最大化するための「料理デモ」と「個々に合わせた的確でムダのないフィードバック」で、あなたの調理の基礎・料理の段取りを『一気に格上げ』します。

受講期間
人生の土台を創る食育革命 超実践型カリキュラム
講義と実践を組み合わせた「超実践型カリキュラム」。自宅ですぐに使えることばかりを体系的に学び、情報に振り回されない「食生活の自分軸」を作ります。「栄養学」を講義で学び、それを実際の献立に落とし込むためにデモンストレーションを見て「料理力」の上げ方を学びます。子どもの食事の内容と食べさせ方(好き嫌い・偏食対応)の具体的方法を学び「子どもの食べる力」をお母さん主体で育てる方法を実践していきます。
安心の少人数制
人生の土台を創る食育革命 安心の少人数制
少ない人数でしっかりサポートを受けながら自ら学ぶ「塾」スタイル。学ぶことに集中しやすく質問や確認もその場ですぐできます。受講期間中はオンラインやメールで個別の質問が可能(回数無制限)。同じ課題を提出する塾生仲間を通して、様々なより良い情報を得られます。きめ細かなサポートを受け、各ご家庭で実践し、確認と振り返りを繰り返していくことで、あなたに合った「楽しくて心地よい食生活スタイル」を構築します。
充実の教材テキストと動画配信
人生の土台を創る食育革命 充実の教材テキストと動画配信
献立力(栄養学・料理力)と食卓コミュニケーション(食育)をバランスよく学ぶため、オリジナル教材を使います。基礎知識を学ぶ『メインテキスト』の他、レシピの展開力と美味しく作れるスキルが身に着く『料理練習帳』、日々の食生活の方針が分かる『50日ワークブック』、料理の予習や復習ができる『レシピ動画』を使うことで、栄養学の初学者や料理に自信が無い方でも、挫折することなく、着実に効率よく、楽しく学べます。

献立塾の仕組み

人生の土台を創る食育革命 献立塾の流れの図

”人生の土台を創る食育革命

「料理デモ」とは、調理の基礎・料理の段取りを『一気に格上げ』するための
「小寺美江オリジナル料理デモンストレーション」です。

食育革命 献立塾 栄養士・食育コンサルタント 小寺美江

小寺美江

「お母さん」の立場で必要なノウハウを集約し、家庭のキッチンで再現しやすい方法でお伝えするレッスンです。

食育 食卓

料理を習いたいけれど、時間の確保が難しい。
効率よく、体に優しくて食べても太らない料理を習いたい!
食べることが好きだけれど、集団での調理実習が負担。
料理教室で習ったことを、自宅で生かせない。
このように思いながら過ごす時間は、忙しいお母さんにとってはもどかしいですよね。

このレッスンでは、下処理のコツ・展開のコツ・段取りのコツ・素材と対話するコツ等々を効率的に学ぶことができるため、短時間の学びで料理をおいしく、ヘルシーに作れるようになります。
調理学の実技と理論の両方を大学で学びなおした小寺が、「お母さん」の立場で必要なノウハウを集約し、家庭のキッチンで再現しやすい方法でお伝えするレッスンですので、「料理の腕をどうやって上げたらいいのか分からない。頑張っているのに美味しい料理にならない」という無駄を省くことができます。

主菜づくりの「展開力」を身に付けるコツを知ることで献立力を向上させ、
美味しく作るためのファジーな調整方法を、実際に見ながらマスターしていきます。
ラクに「子どもに伝えたい我が家の味(料理)」作れるようになります。

「献立塾」修了生の声

■ 小田香様:30代 パーソナルアシスタント
献立塾 修了生の声
苦痛と、苦行でしかなかった毎日の食事作り。
食卓が、驚くほど自然と変わり3ヶ月前の自分が嘘のように、食事作りに対するストレスが激減してる事に驚いています。
断言できます。献立塾で学ばなかったら、私は今、この状態にはなっていません。

●入塾前、どのようなことに悩んでいましたか?

料理を作りたくないと思う日が多く、食事の準備に関わる事に対してとてもストレスを感じていました。検索しながら料理しても美味しく作ることができず、料理に対する自信もありませんでした。
添加物の味が好きではなく、できるだけシンプルな食卓を心がけたいと思っているのですが、現実とのギャップを埋められずにいました。
苦手意識を払しょくするために、食材宅配・料理教室・時間管理・1週間まとめて献立作成・・・など、色々と試してきましたが、どれもしっくりこず落ち着くところが見付かりませんでした。
できるだけベストコンディションにして調理に集中したいのですが、子育ての合間を縫っての時間制限や「子供にたべさせないといけない」というプレッシャーもあり、なかなかそうも言っていられず、常に料理時間自体がストレスでした。
毎日の食事面の「罪悪感」を減らし、「満足感」を高めたい。食事を作ることをストレスではなく、喜びに変化させたい!と思っていました。

●献立塾の感想をお願いします。

調理をしている時間は、24時間の中でも、じつはそんなに長くはありません。
でも、その少しの時間が捻出できなかったり、上手く回せなかったり、1日のストレスになっていました。
献立塾では「食事」や「調理」に関する話もそうですが、先輩ママでもある美江さんが「食卓」をどう回しているか。子どもたち各々の予定と、それに伴う母の動き、事前準備・考慮しておくこと、など「食卓」を中心として、どのようなタイムスケジュールを組んでいるか。そのようなアドバイスもいただけて、それがすごく参考になりました。毎日、修羅場のようだった我が家の夕方のスケジュールも組み直し、今は穏やかに良い感じに流れています。
また、自分だけではなく、家族一人一人の適正量や状態も見極めてアドバイスくださるので、まさに家族全員にとっての「食のサポーター」です!!

記載した予定献立に対し、受講生ひとりひとりの状況や、今までのメニューなどを判断しながら膨大な知識や経験を持っている美江さんが、的確にアドバイスしてくださる。しかも、質問自由!つまり、毎日個別コンサルを受けられるという、献立塾は非常に贅沢な状態でした!

●修了後、どのようになりましたか?

・スーパーでの買い物に悩まなくなりました。(何を見ても何か作れる)
・すぐに冷蔵庫のもので適当に何か作れるようになりました。
・献立に悩まないし、食材を無駄にしなくなりました。
・夕食作成時のイライラが無くなりました。
・食事のバランスがとても良くなりました。
・包丁など調理器具を見直すことで、ロスが激減しました。
・帰宅後のタイムスケジュールを見直した結果、双方のストレスが減りました。
・子どもたちが「ママのご飯が一番おいしい」と言うようになりました。
・安易な「簡単・手軽」は遠回りだったことに気が付きました。
・レシピサイト、市販レシピとうまく付き合えるようになりました。

この他にも上げればキリが無いほどのことを得られました。
日常のひとつひとつの小さな選択と変化が、振り返った今、大きな流れになっていたことに気が付かされます。
食卓が母にとって、日常の負荷ではなく 家族の中心となる…
そのような「ゆとり」が、私の中に生まれたと思います

私にとってマイナスのスタートでしたが、伴走しながら応援してくださり、本当にありがとうございました。

■ Y.Hさん(38歳、お子様の年齢1歳 グラフィックデザイナー)
ベーシック講座中にある試食では、食事量を体感で確認できてとてもよかったです。主食、主菜、副菜のバランスもよくわかった上、お料理がとても美味しかったです。先生によって凝縮された栄養に関する講義は内容がとても濃く、一言も聞き逃したくないと思うと集中力が途切れませんでした。「そういうことだったのか!」と腑に落ちまくりました。1日の料理に関する作業や献立をまわしていく流れの話を聞き、個別アドバイス通りに仕込みをしてみると、時間の使い方が変わり、生活が変わりました。レシピもとても洗練されていて、シンプルなのにおいしいいものばかり。今までいかに素材を生かせていなかったかに気付きました。息子の少食についてや、日々起こる様々なお困りごとや些細な事に対しても、その都度、アドバイスをいただけてとても心強く、気持ちがとても楽になりました。それだけでなく、自分の右脳よりの感覚をもっと大事にしていっていいんだと自分のことを考えるようになり、何かのスイッチがオンになった感じです。子供と夫のことばかりに気がいっていたことに気付き、もっと自分がどうしたいかに目を向けていいと思った瞬間から、自分の料理の判断にも自信がもてるようになってきて、自分でも驚いています。

■ Y.Mさん(42歳 お子様の年齢6歳・1歳 育児休暇中(事務職))
先生の「食事は淡々と!淡々と作り続けるのよ!」これがズドーンと来ました。おいしくなければとか、みんなが満足するかな?などは、後からついてくるので、食事を淡々と出すことが仕事なんだ!と思えたら、すっと心に落ちてきました。「自分の作っているものは本当に体にいいのか?」という自信が持てずに揺らいでいたのですが、先生のレシピをいただいたことで、「これを出せば間違いない」という指針ができ、実践段階に移れるようになったと思います。
そして、受講後すぐに、うれしいことがありました!私が作った料理を、息子が「ちょっと苦手かも」と食べず嫌いしようとしていたので、つい、いつもの癖で「別のほうがよかったかな~」と言ったのですが、主人が今までの明らかに異なる言葉をかけてくれたんです。嬉しかったですし、今まで満足してほしいから相手にあわせることばかりに意識が向いていて、疲弊していたことに気付きました。食べ物が消化されるしくみ、インシュリンの話や、糖尿病になるしくみ、糖質のこともふくめ、部分的ではなく、全体像のお話がスッと入ってきました。試食タイムではランチを準備する先生のキッチン、動き、盛り付けを見られたのは、まさに百聞は一見にしかず!先生からしたらなんてことない事と思いますが、食材の扱い方や切り方など、ヒントがたくさんありました。

その他の受講生の声をもっと見る

場所 横浜市港北区
※東急東横線 大倉山駅より徒歩12分 または、新横浜駅よりバス10分
※お申込みが確定した方にのみご案内しております。
時間 10時30分~15時30分
※どうしても時間調整が難しい場合14時で早退も可能です。
 後日、早退部分の動画をお送りします。
開催日 5期の開催は2020年9月スタートです。
まずは1Dayセミナーにご参加ください。

・献立塾に関するお知らせはこちらからも配信しております。
・個別での受講・男性向け食生活コンサルティングをご希望場合はこちらからお問い合わせください。

対象 献立塾は女性限定です。

受講に関するご相談は、1Dayセミナー後または個人セッション後は無料で随時受け付けております。

キャンセルポリシー
ご参加にあたっての注意事項