食育革命とは

%e9%a3%9f%e8%82%b2%e9%9d%a9%e5%91%bd%e3%81%a8%e3%81%af健康長寿を叶える日本のよき食文化は、「食育」として、各家庭の中で代々大切に受け継がれてきたものでした。
しかし、核家族化が進み継承の機会が激減したことや、食品の工業化が進み食情報が溢れたことで、子育て中のお母さんたちは、次のように悩むようになりました。

  • 子供や自分の未来のために「食育」が大事だとは分かっているけれど、母親として何をどうしたらいいという具体的な行動や方法がわからない。
  • 子供の少食、偏食、好き嫌いが不安だが、料理に自信がない上、どのように対応していけばいいのかがわからない。
  • 「なりたい体の状態」に近づくために何を食べたらよいのか法則が分からず、毎日の献立も浮かばない。
  • CM・雑誌・書籍・インターネットなどで情報はたくさん得られるが、自分と家族に必要な実践方法が分からない。また、実践してみたが無理があって続かなかった経験がある。

これらのお悩みを、根本的にカンタンに解決するものはないか?
と試行錯誤の上、生み出されたのが、「人生の土台を作る食育革命」です。
献立力・料理力・食育力・栄養管理力をバランスよく習得し、「自分と家族がしあわせになる自分らしい食育スタイル」を実践できるようになるための3歳~小学校低学年の子供を育てているお母さん向け“食生活再生プログラム”です。

“人生の土台を創る「食育革命」”のポイントは、3つあります。

  1. 自然と体を育てる食材を食べてくれるようになる「食リズム定着法」
  2. 少量でも栄養が摂れる一汁三菜を20分で作れる「時短術」
  3. 日本の食の知恵を受け継ぎ、感謝の心を育む「食生活」

この3つのポイントを押さえた、日々の食卓作りを学ぶことを通して、親子それぞれの「生きる力」を養う方法をお伝えします。
また、インターネットやCM、雑誌広告、書籍などでさまざまな食の情報があふれている中から、自分に必要なことを選び取る力を磨いていきます。
知識を得るだけでなく、プログラムに取り組むことを通して「献立力・食育と栄養管理の実践力」が向上します。子供からその先へと伝え続けたい「食事の土台」を実践できるようになり、毎日の食事作りに自信が持てるようになります。