調味料について(油脂)

%e8%aa%bf%e5%91%b3%e6%96%99%ef%bc%88%e6%b2%b9%e8%84%82%ef%bc%89 日々の食生活をよりよくしたいと思ったとき、一番始めやすいのは基礎調味料を変えることです。今回は、油脂についてお伝えします。

 脂質は、血管や細胞膜の構成成分です。「油を摂ると太る」と思って極端に控えると、脳出血を起こしやすくなり、肌荒れや便秘の原因になります。摂り過ぎは禁物ですが、「良質の油を適量」摂取することは細胞や脳が正常に機能するために非常に大切です。
 料理に使う際には、昔ながらの「圧搾」で作られたものがおすすめです。加熱する場合は、菜種油・ごま油・オリーブオイルを基本とします。
 加熱しないサラダ料理や、ドレッシングなどには、n-3系であるα-リノレン酸を含む「亜麻仁油・しそ油・えごま油・インカインチオイル」などを積極的に利用しましょう。これらの油は、炎症反応を抑える働きや、細胞膜やホルモンの材料になる大切な油が含まれており、体内での合成量が少ないため、毎日の食事で少しずつ補う必要があります。ただし、熱に弱く酸化しやすい性質があります。開封後はしっかり密封し、冷暗所で保管します。できるだけ早く使い切れるよう、使用量に合わせたサイズを購入するのもポイントです。

 欧米ではトランス脂肪酸の使用が禁止されています。それらを含むマーガリン・ショートニングなどは控え、これらを含むパン・ケーキ・菓子類を食べる量や頻度を控えましょう。また、サラダ油は炎症反応を強めたりLDLコレステロール値を下げるなどの働きがありますので摂取を控えめにするとよいでしょう。