3か月コース受講生の声

お名前:弘子さん
(38歳 お子様の年齢:1歳(男児) 職業:デザイナー )

●受講前、どのようなことに悩んでいましたか?

買い物の際、いつも同じ食材ばかり買ってしまいます。献立の内容が悪と感じており、決めるのも遅く、そのため段取りが悪くて一日中食事作りのことを考えている状態でした。
料理が出来上がるまでにストレスを感じていて、そのことで頭がいっぱいで、いざ食事の時間になっても、なんとなく気が張り詰めていて、家族との食事の時間を楽しめていませんでした。食が細く、胃腸が弱いので疲れやすい状態でした。
仕事をしており子供も小さいため、料理にかけられる時間の無い中で、どうしたら効率よく栄養を摂取していけるか分からず、漠然とした不安を感じていました。

受講前は、このメニュー数では栄養が足りないのでは?という不安から、常に多めに作ってしまう毎日。そして毎日主人から「おかずが多くて食べきれない」と言われストレスを感じていました。主人も食べ切らなければ。というストレスを感じていたようです。
1歳の息子が少食・偏食で、とても心配でした。色々調べたり、出来る限りのことをやってきましたが、全く改善されず、体重も増えず・・・行き詰ってとてもしんどかったです。

●受講中の変化や受講後の感想をお願いします。

ベーシック講座中にある試食では、食事量を体感で確認できてとても良かったです。主食、主菜、副菜のバランスもよくわかった上、お料理がとても美味しかったです。
先生によって凝縮された栄養に関する講義は内容がとても濃く、一言も聞き逃したくないと思うと集中力が途切れませんでした。「そういうことだったのか!」と腑に落ちまくりました。
1日の料理に関する作業や献立をまわしていく流れの話を聞き、個別アドバイス通りに仕込みをしてみると、時間の使い方が変わり、生活が変わりました。
レシピもとても洗練されていて、シンプルなのにおいしいものばかり。今までいかに素材を生かせていなかったかに気づきました。
息子の少食についてや、日々起こる様々なお困りごとや些細な事に対しても、その都度、アドバイスをいただけてとても心強く、気持ちがとても楽になりました。それだけでなく、自分の右脳よりの感覚をもっと大事にしていっていいんだと自分のことを考えるようになり、何かのスイッチがオンになった感じです。子供と夫のことばかりに気がいっていたことに気付き、もっと自分がどうしたいかに目を向けていいと思った瞬間から、自分の料理の判断にも自信がもてるようになってきて、自分でも驚いています。
主食の量を調整することで、少しずつ自分自身の体力がついてきたように感じました。

主人が、濃い味のもの、辛いものが大好きだったので薄味にも理解を示すようになりました。「ちょどいいかも」と、量や味付けを気に入ってくれたような言葉を言うようになったことに驚きです。以前から欲しかった玄米炊きの割と値の張る炊飯器を、主人のほうから「買おう」といきなり提案があったことにはほんとうに驚きでした。

料理本やレシピ本の見方が変わりました。先生のレシピを作っていく中で、調味料の仕組みが少しづつ分かってきたので、今まではレシピ通りに作らないと怖かったのですが、自分で考えて調整できるようになりました。
また以前は、よく作るイメージの湧く味付けのレシピ(同量タイプ)ばかりを選んでいましたが、今は味付けに敏感になったせいか、シンプルな味付けで素材そのものの味を味わえるレシピが気になるようになりました。

料理を始める前に、段取りが浮かぶようになり、いままでよりスピードアップする工夫までできるようになりました。明日や明後日の予定に合わせて作業できるようになりました。

気持ちにも変化があり、仕事への向き合い方が変わりました。優先順位を考えたり時間に対する考えを見直すことができました。メニューや献立に対しては、以前より自信がもてるようになり、常にあったよくわからならい不安が減りました。

夕食に対する焦りや不安が減り、帰宅後から夕食後までの時間が以前よりゆとりをもって過ごせるようになりました。
先生のレシピで練習していくうちに、今までの調味料の無駄が見えてきました。味付けの仕組みも理解でき、敏感になったと思います。また、それにより味の変化もつけられるようになり、メニューの幅が増えました。

夫が「おかずが多くて食べきれない」と一切言われなくなりました。今となっては、悪循環で無駄なストレスを抱えていたなと思えます。もし受講しなければ、一生この無駄なストレスを抱えて毎日を過ごしていたかもしれません。

「常備菜」のレシピ本は何冊も買い、何度もトライしてきましたが手間がかかり過ぎて続きませんでしたが、先生のレシピはシンプルで簡単でおいしい!気負わず作れるので続けられています。

普通の栄養講座だと講義を受けて終わり。意志の弱い私は続きませんが、この講座はその後を個別に一緒に付き添ってもらえるので、生活の一部として定着していくのを体感しました。

食の細い息子で、好きなたんぱく質は割と食べていましたが、1か月前は痩せていて低体重。先生にたんぱく質よりも主食しっかり。とアドバイスをもらい実践したところ、体がしっかりしてきました。胸板も厚くなり、体幹もしっかりしてきた感じがします。
何を食べるかだけでなく「食べさせ方の工夫」という所が、自分には足りていなかったのに気づき、おかげで、視点がかわりました。

良い変化が現れた時に一緒に喜んでくれる先生や仲間の存在はとても心強く、また楽しく続けられました。
個別の質問に対しての、先生の回答を読むと、母親としての在り方を見直せて自信がつきました。 これからも迷が一切なくなるということはありませんが、今回で自分の軸ができました。食育のはずが、そこまで学べるとは思っていませんでしたので、本当に受講して良かったです。